定期預金の払い戻し開始日はいつからなの?

定期貯金は普通貯金とは違い、満期というものがあります。預ける時に決めた一定期間が終わるまでは引き出しをしないことで、利率が普通貯金よりも高くなります。初めて定期貯金を利用するという場合には、いつ引き出せるのかわからないことも多いです。

いつ、そしてどんな時に引き出すことができるのか、知っておきましょう。

定期貯金のタイプによって払い戻し開始日は違う

定期貯金にも種類があり、それによって満期後の扱いが違ってきます。定期預金と聞いて大体の人が想像する物が、自動解約型です。これは満期になれば自動で普通貯金口座に移されるので、満期後はいつでも引き出すことができます。

自動で解約されるので、また定期貯金を組みたい場合は新たに契約する必要があります。自動で解約もあれば自動で継続するものもあり、それが元利金継続型です。

元利金継続型は満期になれば自動で、元金と利息両方を再び定期貯金に預けるものです。そのため普通貯金に移行されないので、満期後に引き出したい場合は手続きをする必要があります。

同じ自動継続には元金継続型というものがあり、こちらは元金だけ定期貯金に預けるものです。

利息だけ普通貯金に移させるのですが、取り扱っていない銀行などもあるので利用したい場合は事前に確認しておくことが必要です。

中途解約すれば満期にならなくても引き出すことができる

急にお金が必要になって定期貯金を下ろしたい時は、中途解約も考えておきましょう。定期貯金は原則として引き出すことができませんが、中途解約であれば満期前にも引き出すことが可能です。しかし注意しなければいけないこともあり、それは預けたときの利率よりも低くなってしまうことです。

普通貯金並みの利率になることもあり、利率が高い時に預けていたなら利率が下がるのは避けたいものになります。また一部解約というものもあり、預けた金額の一部だけを解約することが可能です。銀行などによって対応が異なりますが、急にお金を用意しないといけない時に有効な手段です。

中途解約と同じように、利率が下がることもあるのでよく確認しておきましょう。仕組預金のような特殊なタイプは、途中解約できなかったり原本割れを起こすこともあるので注意しなければいけません。

よく考えて引き出すこと

自動解約の定期貯金であれば、満了日から引き出すことができます。満了日がきてすぐに使う予定があるのならいいですが、使う予定がないのであれば自動継続型にしておくことも選択肢の一つです。払い戻し開始日前に解約してしまうと、利率が下がってしまいます。

解約すれば引き出すことはできますが、よく考えて行うことが大事です。

関連リンク『定期積立おすすめ … 定期預金金利ランキングnet』http://xn--u9jygj0uwbb4260do1plwx4u8gba992q.com/